Our History

TEAM GOHとは

1976年 日本ではじめて開催されたF1GP「F1世界選手権イン・ジャパン」をはじめ、国際レース運営に携わり、自身もレース経験をもつ郷和道(ごう・かずみち)が主催するレーシングチーム。
株式会社チームゴウモータースポーツは、TEAM GOHのスピリッツ「世界で戦い、勝利する」を現代に受け継ぐレーシングチーム運営団体です。

1996
誕生

our-history_1996 誕生

英国マクラーレン・グループのCEOであったロン・デニス氏との共同プロジェクト「チーム ラーク・マクラーレンGTR」として全日本GT選手権(JGTC)にマクラーレンF1 GTRで参戦する。
ドライバーには、ジョン・ニールセン、デビッド・ブラバム、ラルフ・シューマッハ、服部尚貴の2組4名を起用し、全6戦全戦ポールポジション、優勝4回を挙げシリーズ1、2位を記録。ドライバーズおよびチームズチャンピオンのダブルタイトルも獲得した。

1997~2003
挑戦

our-history_1997~2003 挑戦

第65回ル・マン24時間レースに「Team Lark McLaren」としてLMGT1クラスに参戦(日本チームとしてのエントリー)。マシンはマクラーレンF1 GTR LM。
その後1999年から「Le Mans 24時間レース」LMP900、LMP-1クラスに、BMW V12 LM、Panoz LMP-1 Roadster-S、Élan 6L8 6.0 L V8、2002年からはAUDI R8で参戦した。この他、数々の国際耐久レースでも入賞を果たす。

2004
栄冠

our-history_2004 栄冠

第72回ル・マン24時間レースLMP1クラスにアウディ・R8で参戦。
ドライバーに荒 聖治、リナルド・カペッロ、トム・クリステンセンを擁し、ついに日本人プライベーターとして初の総合優勝を果たす。 ちなみに荒聖治は1995年の関谷正徳以来、2人目の日本人ル・マン総合優勝ドライバーとなる。
当時のチームスタッフの平均年齢は25歳。その後も国内外のレース界の最前線で活躍する礎となった。